本日もお散歩日和♪

ぼくとわんこと、わんことぼくと。

不動産売却のための査定の種類

不動産売却をするときには、まずは査定を受けるのが良いでしょう。査定とは、不動産会社が不動産の価値を評価して価格を決めることを指します。色々な方法で合理的な価格を割り出すのが査定です。不動産売却査定サービスを利用するのが便利です。

不動産売却のための査定には簡易査定と訪問査定の二つがあります。簡易査定は、机上査定とも言われるものです。売却しようと思っている不動産がどれくらいの価値を持つのかを、データから導き出すのが簡易査定です。物件の情報や公的な価格情報、過去の取引事例などを参考にして価格を評価します。だいたいの相場を知ることができます。

これに対して、さらに詳細な調査を行って評価する方法を訪問査定と呼びます。不動産の価値は様々なものに左右されます。例えば土地の形状、隣接道路、日当たり、周辺施設など、細かい情報によって影響を受けることになるのですが、これらの応報を得るために不動産会社が実際に現地に行って様々な調査を行います。

また、登記に関する情報なども調査の対象としています。簡易査定でだいたいの価格を知った後には売り出し価格を決定しなければなりません。このときにはより正確な情報を知ることが必要ですから、訪問査定が行われるのが一般的です。

訪問査定はより正確な情報が得られるのですが、実際にその価格で売却できるとは限らないという点にも注意が必要です。訪問査定とは言っても、基本的には売却できる価格を予想したものですから、その価格で必ず売却できるというものではありません。



Comments are closed.